いじめ防止ネットワーク:いじめSOSメール
広域通信制高校技能連携校
いじめ防止ネットワーク:いじめSOSメール
 メニュー
TOP

いじめ問題アンケート調査

いじめで悩む人の掲示板

一般の方の掲示板

いじめの発見ポイント

プライバシーポリシー

リンク集

サイトマップ
 死なないで:
 いじめメッセージ

・ニューヨーク・ヤンキース
 松井秀喜選手
・ シンガーソングライター
 嘉門達夫さん
・ シンガーソングライター
 川嶋あいさん
・ 元プロ野球投手
 今関勝さん
・ ルポライター
 毛利甚八さん
・ 作家
 あさのあつこさん
 死なないで2:
 いじめメッセージ

先輩やお母さん、学校
 先生の体験談
子どもたちのメッセージ
おうちの方へ
相性が悪けりゃ転校認めて
 団体PROFILE
いじめ防止ネットワークの
紹介ページです。
 LINK
リンク集へ
いじめ問題のトピックス2009/8
2009年8月いじめ問題に関するニュース08/24<中学生焼身自殺>「昨年秋にいじめ」中学教頭証言 名古屋
08/12<高2自殺>いじめ後遺症が原因…母が中学の同級生ら提訴
08/09全国高校生の主張・音楽祭:県大会 いじめ経験を訴え−福井
08/08問題行動調査:校内暴力が増加 中学校で1122件−県教委/岡山
08/07いじめ:県内の小中高校、認知594件 2年連続で減少2−昨年度/香川

2009 8 24
<中学生焼身自殺>「昨年秋にいじめ」中学教頭証言 名古屋
名古屋市守山区の路上で21日未明、市立中学3年の男子生徒(14)が灯油をかぶって焼身自殺した問題で、生徒が通う中学校の教頭が24日、毎日新聞などの取材に「昨秋、生徒が同級生からいじめに遭った」と明かした。
教頭によると、昨年11月ごろ、生徒の保護者から「同級生からいじめに遭っているようだ」と相談があった。担任教諭らが生徒に聞き取りしたところ、同9月ごろから、同級生7人に皮膚病の持病をからかわれたり、登下校時にかばんを引っ張られるなどしたという。教諭が同級生に指導、同級生は生徒に謝罪し、その後いじめは確認されなくなったという。
同校は生徒の自殺について同級生らから改めて聞き取り調査し、いじめとの関連がなかったかどうか、詳しい原因究明を進める。
同校はこの日、集団登校日で生徒約500人が登校。校長が体育館で全校生徒に生徒の死亡を説明し、「命を大切にしてほしい」と話した
毎日新聞 TOPページへ

2009 8 12
<高2自殺>いじめ後遺症が原因…母が中学の同級生ら提訴
中学時代のいじめに起因する神経症と診断され、治療中に自殺した愛知県岩倉市の高校2年の女子生徒の母親が11日、女子生徒が通った中学校を運営する学校法人市邨(いちむら)学園(名古屋市千種区)や当時の同級生8人と保護者らに総額約4260万円の損害賠償を求めて名古屋地裁に提訴した。女子生徒が自殺したのはいじめを受けてから約4年後だが、母親はいじめの後遺症が原因で自殺したと主張している。
訴えたのは同県刈谷市の高橋典子さん(51)。被告側はほかに同学園理事長、中学校長と当時の担任教諭。
訴状によると、長女美桜子(みおこ)さん(当時16歳)は02年4月に入学した名古屋経済大学市邨中学校で、同級生から靴に画びょうを入れられたり「きもい」「死ね」などの言葉を浴びせられ、1年修了時に転校。その直後にも無言電話が自宅や携帯電話にかかるなどしたため、パニック症状などが起きるようになり、解離性障害と診断された。治療中の06年8月18日、当時住んでいたマンション8階から飛び降り、全身打撲で死亡した。
原告側は、同級生8人がいじめで美桜子さんを解離性障害にし、自殺させたと主張。また担任教諭はいじめを知りながら放置し、市邨学園はいじめを防止する義務などを怠ったとしている。
この問題で、高橋さんは5月、同級生と保護者に賠償を求め、県弁護士会の「紛争解決センター」にあっせん・仲裁を申し立てたが、同級生らが出席しなかったため手続きは終了した。【飯田和樹】
 ▽学校法人市邨学園の話 訴状の中身を見ていないので、コメントのしようがない。
 ◇母が墓前に報告「関心高めたい」
高橋典子さんは10日、愛知県刈谷市内にある美桜子さんの墓前で、翌日に提訴することを報告した。
「美桜子が提訴を何と思うのかが気がかりですが、きっと『ママ頑張って』と言ってくれると思います」。典子さんは黄色い花を供え、墓石にひしゃくで水をかけ、手を合わせた後でこう語った。
典子さんはこれまで美桜子さんが通った中学校側にいじめの実態調査などを求めたが、「いじめはなかった」として受け入れられなかった。提訴に踏み切った主な理由を「いじめを認めない学校や元同級生に、自分たちがしたことの重大さを受け止めてほしい」と説明する。
一方で典子さんは、美桜子さんがこの理由だけで、今回の提訴を応援してくれるとは思わないという。美桜子さんはいじめ後遺症との闘いの苦しさを「もうつかれたの」などと遺書に書き残して自ら命を絶った。典子さんは「いじめを受けた人が、美桜子のように何年も経過してから命をなくすこともある。裁判を通じて『いじめ後遺症』への関心を高めたいと考えたのも、提訴の大きな理由です」と話した。
毎日新聞 TOPページへ

2009 8 9
全国高校生の主張・音楽祭:県大会 いじめ経験を訴え−福井
高校生が音楽やダンスで自らを表現する「第32回NLA全国高校生の主張・音楽祭」(同実行委主催、毎日新聞社など後援)の県大会が8日、福井市中央1の響のホールであった。いじめを受けた経験を涙ながらに訴えた生徒もおり、会場は熱気に包まれた。
個人5人と5グループが参加。審査の結果、主張部門は大野高3年の女子生徒、音楽部門はロックバンド「SONIC GUNPOWDER」、パフォーマンス部門はダンスユニット「ODJ」が代表に選ばれた。
各代表は9月に名古屋市である東海北陸地区選考会に進む。
毎日新聞 TOPページへ

2009 8 8
問題行動調査:校内暴力が増加 中学校で1122件−県教委/岡山
県教委は6日、08年度「児童生徒の問題行動等に関する調査結果」(速報値)を発表した。いじめと不登校は、ここ数年減少傾向にあるが、校内暴力は06年度以降、増加に転じているという。
県教委によると、小中高(国公私立)のいじめ認知件数は計1101件。内訳は小学校455件(前年度比109件減)▽中学校556件(同190件減)▽高校79件(同20件減)▽特別支援学校11件(同3件増)。「パソコン、携帯電話による書き込みなどで中傷される」は73件で前年度から31件減った。いじめの内容は「ひやかし、からかい、悪口や脅し文句、嫌なことを言われる」が6割を占め、最も多かった。
30日以上欠席した不登校児童・生徒は、小学校527人(前年度同)、中学校1752人(同比60人減)、高校1360人(同154人減)。減少傾向にはあるが、1000人あたりの不登校率を47都道府県で見ると、高校が3位、小中学校は8位と高い水準にある。一方、校内暴力は小学校263件(同56件増)、中学校1122件(同306件増)、高校98件(同14件増)と増えている。
県教委は「屋内でゲームで遊ぶ子が増え、異なる年齢間で遊ぶ機会が減り、対人関係を築く力が弱くなったのではないか。規範意識に乏しく、いわゆる“キレやすい”子供が増えた」と分析。「スクールカウンセラーや地域住民、警察など関係機関と連携して、落ち着いて学校生活を過ごせるようにしたい」としている.
毎日新聞 TOPページへ

2009 8 7
いじめ:県内の小中高校、認知594件 2年連続で減少2−昨年度/香川
県教委は6日、昨年度の県内での小中高校などでのいじめ状況についてまとめた。いじめの認知件数は594件(前年度比16・0%減)と、2年連続で減少した。
県教委が昨年度末、公立の小中高校と特別支援学校計321校に調査票を配り、集計した。
県内のいじめの件数は、文部科学省が定義を緩和した06年度に908件に増加したが、以後は減少傾向となっている。県教委は「生徒の心の問題を解決するため、スクールカウンセラーを配置したことが機能してきたのでは」と見ている。
いじめの態様別では「冷やかしやからかい、悪口や脅し文句、嫌なことを言われる」が全体の59・9%でトップ。「パソコンや携帯電話で、ひぼう中傷や嫌なことをされる」が、小学校ではゼロなのに、中学校(8・4%)、高校(17・0%)と年齢が上がるにつれて増えている。
県教委は「減ったとはいえ、いじめはなくなっていない。態勢をさらに整えるとともに、子どもたちの小さなサインも見逃さずに対応したい」としている.
毎日新聞 TOPページへ


いじめ防止ネットワーク: いじめで悩んでる子どもたちを助ける無料コミュニティーサイトです。
Copyright (C) 2006 ijimesos All Rights Reserved.