いじめ防止ネットワーク:いじめSOSメール
広域通信制高校技能連携校
いじめ防止ネットワーク:いじめSOSメール
 メニュー
TOP

いじめ問題アンケート調査

いじめで悩む人の掲示板

一般の方の掲示板

いじめの発見ポイント

プライバシーポリシー

リンク集

サイトマップ
 死なないで:
 いじめメッセージ

・ニューヨーク・ヤンキース
 松井秀喜選手
・ シンガーソングライター
 嘉門達夫さん
・ シンガーソングライター
 川嶋あいさん
・ 元プロ野球投手
 今関勝さん
・ ルポライター
 毛利甚八さん
・ 作家
 あさのあつこさん
 死なないで2:
 いじめメッセージ

先輩やお母さん、学校
 先生の体験談
子どもたちのメッセージ
おうちの方へ
相性が悪けりゃ転校認めて
 団体PROFILE
いじめ防止ネットワークの
紹介ページです。
 LINK
リンク集へ
いじめ問題のトピックス2010/6
2010年6月いじめ問題に関するニュース06/29<いじめ>中1女子生徒を裸にして撮影 岐阜県の公立中
06/28<賠償訴訟>嫌われ者アンケ公表めぐる訴訟で和解成立 千葉
06/24中3男子自殺で学校側、いじめがあったことを認める/川崎
06/19<いじめ>障害発症の男子生徒が損賠提訴 大阪・堺市に
06/16「息子の遺書は告発」中3の父「真実知りたい」
06/12「学校でいじめない」=中3首つり死亡で区教委―東京・練馬
06/10南九州の中2自殺:市教委、外部委設置へ 来月中旬に結果発表
06/02いじめ転校、元同級生に賠償命令 地裁、京都市への訴え棄却

2010 6 29
<いじめ>中1女子生徒を裸にして撮影 岐阜県の公立中
岐阜県内の公立中学校1年の女子生徒(12)が、2年の女子生徒ら5人に呼び出され、椅子に縛り付けられて衣服を脱がされ、その様子を撮影した動画が少なくとも十数人の生徒にメール送信されていたことが分かった。生徒の家族が28日、県警に被害届を出した。同校の校長は毎日新聞の取材に「いじめ行為はあった」と認め「事前に察知できず、申し訳なかった」と謝罪した。
校長らによると、今年5月の連休明けから今月初めにかけて計5回のいじめ行為があった。2年生の女子生徒4人と男子生徒1人がスーパーの駐輪場などに女子生徒を呼び出し、その場で下着を脱がせるなどした。
さらに「勉強を教えてあげる」などと言って中心的にいじめをしたとされる女子生徒の自宅に呼び出し、椅子に縛り付けて衣服を脱がせ、その様子を携帯電話のカメラで動画撮影。5人を含めた十数人にメール送信した。
学校側は21日に被害に遭った生徒から相談を受けて調査。5人とその両親がいじめ行為を認めたため、学校側が21日夜に被害生徒との面会の場を設置。5人と両親は謝罪の意思を示したという。
学校はメールを受信した生徒らに動画を削除させた。校長は「二度といじめが起こらないよう再発防止策を考えたい」と話した。被害生徒の母親は「許せない。いじめられる側の立場になり、法の下で責任を取ってほしい」と話している
毎日新聞 このページのTOPへ
  
2010 6 28
<賠償訴訟>嫌われ者アンケ公表めぐる訴訟で和解成立 千葉
小学校時代に担任教諭がクラスのアンケート結果として「一番嫌われている男子」と名前を公表したため、同級生のいじめに遭ったとして、千葉市の男子中学生(14)と両親らが市に約1100万円の賠償を求めた訴訟は28日、千葉地裁(三代川三千代裁判長)で和解した。元担任と元校長らが結果公表は不適切だったと謝罪、市が和解金200万円を払う内容。市教育委員会は近く元担任らに口頭注意する。
和解後、中学生の母(46)は「前向きな気持ちでの和解ではない」と語り、市教委は「公表は配慮に欠けた行為。指導を徹底して再発防止に努める」とのコメントを出した。
訴状によると、生徒が市立小学校4年だった05年4月、担任教諭が「好きな人」「嫌いな人」の実名をクラス全員に書かせた。1週間後「一番嫌われている男子」として名前を公表されて、いじめを受け、別の市立小への転校を余儀なくされた
毎日新聞 このページのTOPへ
  
2010 6 24
中3男子自殺で学校側、いじめがあったことを認める/川崎
今月7日に川崎市多摩区にある市立中学3年の男子生徒(14)が「友人のいじめを救えなかった」などと記した遺書を残し自殺した問題で、生徒が指摘するようないじめがあったことを学校側が認め、同校校長が全校集会で謝罪していたことが23日、分かった。全校生徒への聞き取り調査などから判明したという。
学校関係者によると、全校集会は22日に開かれ、校長が「いじめがあったことに気が付けず、大変申し訳なかった」と謝罪。さらに「あってはならないこと。なくなるよう真剣に取り組んでいきたい」と伝えたという。
同校は、関係者や保護者、有識者らでつくる調査委員会を設置。生徒が亡くなった約1週間後から、全校生徒を対象に聞き取りを行ってきた。神奈川新聞社の取材に対し、校長は「最終的な結論は出ていないが、聞き取りなどから、いじめがあることは間違いないと判断した。子どもたちの方が知っていることもあり、学校側が『知らない』という態度では逆に生徒に不信感を与えると思った」と説明した。
調査は現在も継続中。「いじめの存在が、亡くなった生徒にどう影響を与えたのかは分からない」と校長は話している。
カナロコ このページのTOPへ
  
2010 6 19
<いじめ>障害発症の男子生徒が損賠提訴 大阪・堺市に
同級生からいじめられ、手足が発作的に動く障害を発症し、転校を余儀なくされたとして、堺市内の市立小学校に通っていた中学生の男子生徒(12)と母親が、堺市に慰謝料など約400万円の損害賠償を求める訴えを大阪地裁堺支部に起こした。
提訴は今月2日。訴えによると、男子生徒は小学4年生だった07年、同級生の男児に帽子や水筒を隠されたり、「戦いごっこ」と称して顔をけられたりするなどのいじめを受けた。同年9〜10月、発作的に手足が動く症状が出て受診。精神疾患の一種の障害と診断され、約3週間入院した。退院後も男児から嫌がらせをされ、同年12月に転校を余儀なくされたと主張している。少年の代理人弁護士によると、少年は転校後は障害の症状がなくなったという。
母親は当時の校長らに、嫌がらせに対応するよう求めたが、学校側は適切な対応をしなかったため、いじめがエスカレートしたとしている。
堺市教育委員会は「いじめがあったかなかったかも含めて、弁護士と相談して事実関係を明らかにしたい」と話している
毎日新聞 このページのTOPへ
  
2010 6 16
「息子の遺書は告発」中3の父「真実知りたい」
川崎市多摩区の市立中学校3年生の男子生徒(14)が、いじめられていた友人を救えなかったと悔やむ内容の遺書を残して自殺した問題で、生徒の父親が13日、読売新聞の取材に応じた。
父親は「無念の一言。片方の腕をもがれたような思い」と語り、「息子が残した遺書は、遺書の形をした告発だと思っている」と、学校側に真相解明を強く求めた。
「明るくて優しくて、正義感の強い子だった」。父親は疲れ切った表情で語った。
単身赴任中で、生徒に最後に会ったのは5月29日夜。もう少し頑張れば野球部のレギュラーになれる、翌週末からの修学旅行が楽しみ――。塾への送り迎えの途中、そんな普段通りの会話をしたという。
修学旅行では、家族への土産に3種類の八つ橋を買ってきてくれた。「兄と祖母がチョコレートが好きなのでチョコ味、私がイチゴが好きなのでイチゴ味。自殺を覚悟していたから、恐らく私のためだけに買ってきたのだろう」。帰宅した翌日に命を絶たれ、「なぜ一言相談してくれなかったのか」と嘆いた。
横書きの遺書には、「先立つ不孝をお許しください。14年間育ててくれてありがとう」と、家族への謝罪と感謝の言葉がつづられていた。さらに、他人に役立ちたいと思いながら生きてきたと記し、友人を守れなかった自身を責める内容が書かれていた。数人の名前を挙げ、憤りをあらわにする表現もあったという。父親は自殺後初めて、友人がいじめられていたと聞いた。
川崎市教委は、いじめについて「把握していない」としている。父親は「学校からは毎日謝罪の言葉をもらっているが、真実が知りたい」と述べ、「明らかにしなければ、(息子が)浮かばれない」と訴えた。
読売新聞 このページのTOPへ
  
2010 6 12
「学校でいじめない」=中3首つり死亡で区教委―東京・練馬
東京都練馬区の公園で、区立中学3年の男子生徒(14)が首をつって死亡したことを受け、同区教育委員会の吉村潔教育指導課長が12日午後、区役所で会見し、「学校ではいじめはなかった」と話すとともに、引き続きいじめの有無を調査すると表明した。
警視庁練馬署は自殺の可能性が高いとみて調べている。
同課長によると、学校では11日、生徒の顔がはれ、目の下にくまがあるのに教諭が気付いた。母親に問い合わせたところ、母親は「勉強やゲームのことでしかった」と話し、顔がはれた原因は不明だった。学校内でいじめの事実はなかったという。 
時事通信 このページのTOPへ
  
2010 6 10
南九州の中2自殺:市教委、外部委設置へ 来月中旬に結果発表/鹿児島
南九州市立知覧中学校の2年男子生徒(当時14歳)が、今年3月に自宅で自殺した問題で、市教委は、いじめの有無を判断する外部調査委員会を、6月下旬に設置することを9日までに決めた。校長らによる内部調査委員会がまとめた報告書を再検討し、7月中旬をめどに結果を発表する。
市教委によると、外部委は大学教授、臨床心理士ら6人で構成する。委員会は非公開で回数は未定。
原因究明を巡ってはこれまで、校長やPTA役員などによる内部委を5月から計7回開き、全生徒対象のアンケートや個別生徒の聞き取り内容を基に報告書をまとめた。しかし、外部からの分析も必要との意見が当初からあったため、外部委の設置を決めたという。
市教委は4月下旬、遺族に中間報告。その際、原因究明の徹底を促されたという
毎日新聞 このページのTOPへ
  
2010 6 2
いじめ転校、元同級生に賠償命令 地裁、京都市への訴え棄却
中学時代に同級生のいじめを受けて精神的苦痛を受け、学校の不適切な対応で転校を余儀なくされたとして、京都市立中に通っていた高校2年の男子生徒(17)と両親が、元同級生の少年(16)と母親(48)、市に計約900万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が2日、京都地裁であり、松本清隆裁判長は元同級生に55万円の支払いを命じた。市と母親への請求は棄却した。
松本裁判長は判決理由で「元同級生の嫌がらせ行為と転校の間には因果関係がある」としたが、市の対応について「教員が元同級生に反省を促すなど指導していた」と述べた。
判決によると、生徒は中学2年だった2007年5月以降、元同級生から肩を殴られたり、弁当のおかずを取られるなどの嫌がらせを継続的に受けて不登校になり、同10月に別の中学に転校した。
京都新聞 このページのTOPへ
  

いじめ防止ネットワーク: いじめで悩んでる子どもたちを助ける無料コミュニティーサイトです。
Copyright (C) 2006 ijimesos All Rights Reserved.